【保存版】妊婦の便秘解消に効く食べ物や運動、ストレッチについて

妊娠すると女性の体はホルモンの影響を受けたり、また子宮が大きくなる事によって周りの臓器が押されて色々な症状が出やすくなります。さらに赤ちゃんをお腹の中で育てるために、そこに栄養や水分が取られてしまうため色んな症状が出ます。中でもほとんどの妊婦が経験するのが便秘です。便秘になると、痔を引き起こしたり肌荒れや食欲不振にも繋がるので色々な対策を練っておきたいですね。

 

妊娠していると便秘を食生活でケアしていくにもどんなものを選べば良いのか迷いますね。自分1人の体ではない事を改めて実感する時でもあるでしょう。よくあるのが便秘で食物繊維を摂っているのに効果がないという意見です。食物繊維というのは大きく2つに分かれており、水溶性と不溶性に分かれています。ポイントはどちらの食物繊維もバランス良く摂るという事を心がけるのが便秘解消につながります。水溶性食物繊維の代表はごぼうやオクラ、グルコマンナンが含まれる生芋のコンニャクなどです。一方不溶性食物繊維はインゲン豆やひよこ豆といった豆類や、エノキやエリンギなど歯ごたえのあるものです。その他にも水溶性と不溶性どちらも持っている納豆などもあります。 バランスは水溶性1に対して不溶性が2の割合です。あまり量はこだわらず、これらをバランスよく食べるのがポイントです。

 

また妊婦の便秘には食事の他にも適度な運動がおすすめです。運動といっても激しく体を動かす事は体調を崩してしまうのでやめましょう。おすすめなのは散歩です。妊婦初期はあまり体に負担をかけるのは流産の可能性もあるためおすすめ出来ませんが、安定期になると体重増加を防止するためにも歩いた方が健康的です。骨盤やお腹を動かすように意識して歩くと良いでしょう。

 

またあまり運動ができない妊婦のために強い味方となるのがストレッチです。お腹が大きくなると骨盤がゆがむため、周辺の消化器官は影響を受けて便秘になりがちです。ですから骨盤を広げるためのストレッチが良いでしょう。簡単にできるのはフラフープ体操で、フラフープの時の腰の動きをゆっくりとフラフープ無しで行います。お腹を動かしている事を意識するのがポイントです。次に寝たままできるお手軽ストレッチです。仰向けに寝たら片方の足をお腹の方にあげて膝を曲げます。その状態でもう片方の足に重ねるように状態を横にねじります。膝をあげた方のワキ腹がねじれている感覚を感じられたらOKです。これを両方行います。

 

つわりなど体調が優れない時にはあまり無理して行わず、水分を多く摂るなどしてうまく乗り切りましょう。

更新履歴